脱!教養ゼロママ

もう恥ずかしくない!教養のあるママを目指してます!

リストのフィルターを整理してみる|初心者のアプリ開発|Adalo

f:id:yuka-edu:20211025210927p:plain

こんにちは!ゆかゆかです。

今日はAdaloのリスト表示のフィルター設定について整理をしていきます。

 

わかるようで、悩ましい設定ですよね。

少しでもスッキリさせられるよう頑張ります!

ポイント! 
  • ログインユーザに関連するフィルター設定を解説!
  • テキスト・数値・日付ごとのフィルター条件を解説!

 

 

フィルターの基本

リストを選択すると、左上の方にFilterの設定ができます。

 

フィルターは2段階に分かれていて、

初期設定で「All データコレクション名」が指定されています。

「+ ADD ANOTHER FILTER」を選択し、フィルターをどんどん追加できます。

f:id:yuka-edu:20211025184259p:plain

 

ログインユーザに紐づくフィルタリング

「All データコレクション名」を開いてみると、

実は、ログインユーザに紐づくフィルターをここで設定できます。

 

メニューを表示する場合・・・

ユーザコレクションが「お気に入りメニュー」というメニューの関連項目を持っている場合、

ログインユーザの「お気に入りメニュー」だけ表示させるフィルタリングを設定できます。

 

f:id:yuka-edu:20211025184311p:plain

 

追加のフィルター

「+ ADD ANOTHER FILTER」を選択し、他にもフィルターを追加できます。

 

1.テキスト項目

テキスト項目のフィルター条件を紹介します。

f:id:yuka-edu:20211025184323p:plain

 

Is equal to / is not equal to

 

項目の値が入力したテキストと完全に一致する場合、

もしくは一致しない場合にリスト表示する条件です。

 

  • 「メニュー名 is equal to "カレー"」とすると、「カレーだけ」を表示します。
  • 「メニュー名 is not equal to "カレー"」とすると、「カレー以外」を表示します。

 

Contains

 

項目の値に入力したテキストを「含む」場合にリスト表示する条件です。

 

  • 「メニュー名 containts "カレー"」とすると、「カレーを含む」メニューを表示します。例えば、「カツカレー」や「カレードリア」を表示できます。

 

2.数値項目

数値項目のフィルター条件を紹介します。

f:id:yuka-edu:20211025184333p:plain

 

Is equal to / is not equal to

 

項目の値が入力した数値と完全に一致する場合、

もしくは一致しない場合にリスト表示する条件です。

 

Is grater than / is less than

 

項目の値が入力した数値より大きいもしくは小さい場合に

リスト表示する条件です。

 

Is grater than or equal / is less than or equal

 

項目の値が入力した数値以上もしくは以下の場合に

リスト表示する条件です。

 

is between

 

項目の値が入力した2つ数値の間の場合に

リスト表示する条件です。

 

3.日付項目

日付項目のフィルター条件を紹介します。

f:id:yuka-edu:20211025184352p:plain

 

Is after / is before

 

項目の値が入力した日付より前もしくはの場合に

リスト表示する条件です。

 

is between

 

項目の値が入力した日付入力した2つ数値の間の場合に

リスト表示する条件です。

 

まとめ

リストのフィルターの種類をまとめてみました。

たくさん条件があるようで、一つ一つは意外とシンプルでした。

お役に立てれば嬉しいです。

 

▼無料でも意外と使える Nocode開発ツール Adalo

www.adalo.com

 

他にも混乱しやすいデータのリレーションについてもまとめていますので、

よければご覧ください〜

 

こちらもおすすめ!