脱!教養ゼロママ

もう恥ずかしくない!教養のあるママを目指してます!

リストのデータ表示条件|初心者のアプリ開発|Adalo

f:id:yuka-edu:20210607213540p:plain

前回、作成した一覧(リスト)は全データを表示していました。

今日はデータの一部を絞って表示する方法を紹介します。

Adaloなら、データを絞ることも、感覚的に簡単にできちゃいます。

 

この記事を読むとわかること・・・

・一覧(リスト)のデータを絞って表示する方法

・ログインユーザでデータを絞る方法

 

データを絞る条件を決める 

f:id:yuka-edu:20210607170452j:plain

まずは、データを絞る条件を決めちゃいます。

前回出来上がった「レッスン日誌」です。

生徒を2名(黒田幸子、赤井花)を用意しています。

今日は、生徒がログインした時に、該当の生徒以外の日誌は見えないように設定します。

Adaloのリストにフィルターを設定

Adaloのリスト表示を絞る方法は「フィルター」と言います。

Step1

f:id:yuka-edu:20210607210940j:image

  1. 対象のリストを選択
  2. 画面左側の + ADD ANOTHER FILTER を選択
Step2

f:id:yuka-edu:20210607210958j:image

Custom Filter 枠が追加されました。

  1. Select column...を選択
Step3

f:id:yuka-edu:20210607211009j:image

  1. フィルター対象の項目を選択
  2. Email を選択

※レッスン日誌では、生徒項目がUser情報です。

Step4 

f:id:yuka-edu:20210607211003j:image

「レッスン日誌」の生徒情報と一致する対象を設定します。

  1. Empty を選択
  2. Logged in User を選択
  3. Email を選択
Step5 

f:id:yuka-edu:20210607211006j:image

これでフィルターの条件が設定できました!

設定できた条件 > 「レッスン日誌」の生徒情報のEmail = Login UserのEmail

 

それでは、プレビューをしてみます!

Preview

生徒(赤井 花)でログインしてみます・・・

表示できるか!ドキドキ・・・

・・・

f:id:yuka-edu:20210607210954j:image

無事にフィルターが有効になりました〜

まとめ

今日は一覧を絞って表示する方法を紹介しました。

データに種類を付ければ、種類別の表示ができます。

Adaloはページを移る前の選択情報を覚えているので、ページの移動を活用しながら、一覧を絞ることもできます。

フィルターも簡単に設定できちゃうAdaloってすごいですね。