脱!教養ゼロママ

もう恥ずかしくない!教養のあるママを目指してます!

アプリに表示するデータベース・コレクション作成|初心者のアプリ開発|Adalo

f:id:yuka-edu:20210606161135p:plain

今日はアプリ上で表示するデータの準備をしていきます。

 

Adaloではデータを管理する場所を「データベース」と呼んでいます。

さらに、「データベース」の中に「コレクション」があります。

「データベース?コレクション?なにそれ?難しそう・・・」

 

名前は難しいですが、設定はとてもシンプルです。

今日は実例を出しながら、機能を紹介します。

 

この記事を読むとわかること・・・

  1. データコレクションの作成方法
  2. 項目の設定方法
  3. データの登録方法

レッスンノート(日誌)のデータコレクションを作ってみる

今日、サンプルに使おうと思うのは、4歳の娘が通い始めて1ヶ月のピアノ教室のレッスンノートです。

このレッスンノートは紙媒体なので、電子化すれば良いのになぁ〜と個人的には思っています。

(関係ありませんが、ピアノのレッスンって、親の忍耐力を試す試練だったんですね・・・)

ということで、レッスンノートの日誌ページを電子化していきます!

必要となる項目を分析してみる

とは言っても!いきなりAdaloに登録はしません!

凡人の私はデータkをAdaloに登録する前に、必要となる項目を分析・整理してみます。

初心者の方は一度冷静に整理してみてくださいね。

f:id:yuka-edu:20210606160113j:image

このアラジンデザインのノートが娘が使用しているレッスンノートです。

確か、150円くらいだったかなぁ。

レッスン日誌ページ以外にも、音符の説明や、弾きたい曲の目標ページなど、真面目に使えば、とってもためになりそうな内容です。

(なんだか、母子手帳を思い出しました・・・)

レッスン日誌のページは、毎回のレッスンのポイントや、1週間で練習した日の記録、保護者からのメモを記録できる様式になっています。

どんな項目があるか洗い出してみます。

  • 日付
  • 練習した曜日
  • 曲名
  • レッスンメモ
  • メモ(保護者から)

これで1つのデータベース・コレクションに用意する項目が準備できました!

では、Adaloに設定していきましょう〜。

Adaloにデータベース・コレクションを作成

データベース・コレクション登録

Step1

f:id:yuka-edu:20210606160110j:image

  1. 左側のファイルマークを選択
  2. + ADD COLLECTION を選択
Step2

f:id:yuka-edu:20210606160059j:image

  1. コレクション名を自由に編集
  2. ADD を選択

これでデータコレクションができました。

続いて、項目を設定していきます。

項目を設定

Step1

f:id:yuka-edu:20210606160056j:image

  1. ADD PROPERTY を選択

項目のことをプロパティと呼んでいます。

Step2

f:id:yuka-edu:20210606160120j:image

項目に使用できるデータ型一覧が出てきます。

ここでは、「日付」項目を登録してみます。

よく使いそうなデータ型

  • Text:文字入力
  • Number:金額や数量
  • True/False:チェックボックス
  • Date:日付
  • Image:写真やイラスト

「日付」項目を作るので、Dateを選択して次へ!

Step3

f:id:yuka-edu:20210606160117j:image

  1. 項目名を入力
  2. SAVEを選択
Step4

f:id:yuka-edu:20210606160130j:image

「日付」項目が追加されました!

では、他の項目もジャンジャン登録していきます・・・

データ登録

最初に分析・整理した全ての項目を用意できたら、続いてデータを登録します!

Step1

f:id:yuka-edu:20210606160104j:image

  1. n Records を選択
Step2

f:id:yuka-edu:20210606160123j:image

  1. + ADD データコレクション名 を選択
Step3

f:id:yuka-edu:20210606160126j:image

データを編集する画面が開きます。

  1. ポチポチと値を入力
  2. SAVE を選択
Step4

f:id:yuka-edu:20210606160107j:image

データの登録が完了しました!

同じ流れでどんどんデータを登録していきます。

まとめ

「データベース」「コレクション」という名前は難しいですが、

設定する項目を先に決めちゃえば、あっという間に作れてしまいます。

 

項目とそのデータの方を整理して、Adaloに登録してみてくださいね。